BackWPupでブログをサクッと自動バックアップする方法の画像
BackWPupでブログをサクッと自動バックアップする方法
Kei
この記事はWordpressで作ったブログをとりま即バックアップしたい方に向けた記事です。

ブログをバックアップする方法や復元の方法について調べてました。

色々なサイトに詳しく説明があるけど、初心者のぼくにはどれもむずかしいと思った。

復元方法はぶっ壊れたときに考えるとして、

今回は、むずかしいことは置いといてブログを自動バックアップする方法をまとめました。

BackWPupをつかって自動バックアップしよう!

「BackWPupの設定は簡単だ!」の画像

WordPressにはバックアップ機能が標準搭載されてますが、どうやらBackWPupというプラグインが良さそうだ!

早速インストール開始します。

前補足:一度バックアップに失敗しました。
画像のファイル名に長文の日本語を使ってたのがエラーの原因でした。。

該当の画像を一度削除し、再アップロードしてバックアップをした所、今度はバックアップファイルが解凍出来ませんでした。

解決方法は、BackWPupも削除し、再インストールして再度バックアップし直す事で解決しました。

厄介だったのは、画像の削除です。Wordpressでは、画像をアップロードした際に、どの端末でも綺麗に表示ができるように、複数のサイズの画像が自動生成されるようです。だから、それを全て消すにはWordpress上で画像を削除するだけではダメだった。

こうなると、FFFTPやCyberduckを使ってFTP経由でサーバーへアクセスし削除する必要がありました。かなり時間がかかったけど、良い勉強になった。慣れればこちらの方がバックアップは楽かもしれない・・・初心者の凡ミスですが、なんでも経験し、検索して解決する作業は一番理解を深めますね!

BackWPupのインストール

BackWPupをインストールしていきます。

「左メニューのプラグイン>新規追加>右上の[プラグインの検索…]窓にBackWPupと入力し今すぐインストールをクリック」の説明画像
左メニューのプラグイン>新規追加>右上の[プラグインの検索…]窓にBackWPupと入力し今すぐインストールをクリック

インストールができたら有効化ボタンをクリック

「インストールができたら有効化ボタンをクリック」の説明画像

BackWPupへようこその画面で、[Yes,I agree.]をクリック

「BackWPupへようこその画面で、[Yes,I agree.]をクリック」の説明画像

BackWPupのかんたん設定手順

右のBackWPupメニューの[新規ジョブを追加]をクリック

「右のBackWPupメニューの[新規ジョブを追加]をクリック」の説明画像


[一般]タブの設定は3ヶ所だけ

1.このジョブの名前をわかりやすい名前にします

「このジョブの名前をわかりやすい名前にします」の説明画像

2.アーカイブ形式は、Windowsならzip。MacならTar GZipを選択

「アーカイブ形式は、Windowsならzip。MacならTar GZipを選択」の説明画像

3.バックアップファイルの保存方法は、フォルダーへバックアップにチェック

「バックアップファイルの保存方法は、フォルダーへバックアップにチェック」の説明画像

4.変更を保存

[スケジュール]タブの設定は2ヶ所

1.Wordpressのcroneを選択

「Wordpressのcroneを選択」の説明画像

2.スケジューラーは週一にしました。記事が増えるたびに処理が重くなるで水曜日の深夜3時に設定しました。

スケジューラーの設定画像

3.変更を保存

[DBバックアップ]タブの圧縮をGZIPへにして設定を保存
※プラグインタブの圧縮はなしでいきましょう。

「[DBバックアップ]タブの圧縮をGZIPへにして設定を保存」の説明画像

これで設定が完了です!

バックアップ開始&ダウンロードしてローカル保存

「バックアップ開始&ダウンロードしてローカル保存」の手順説明画像
  1. 左のメニューから[ジョブ]をクリック
  2. 先ほどつけた名前にカーソルを持っていくと[今すぐ実行]というボタンが現れるのでそれをクリックして手動バックアップを開始します。
  3. バックアップが終わったら右端の[ダウンロード]ボタンを押してパソコンにダウンロード完了です。
  4. xxxx.tar.gzというファイルを保存しておきます。

ちなみに、この.tar.gzファイルはMacの標準の解凍ソフトでは展開できません。開く場合は無料解凍ソフトStuffIt Expanderを使えば展開できます。.tar.gzを解凍するとできる.tarファイルを、今度はMac標準の解凍ソフトで展開できるので、ダブルクリックして中を確認して見ると問題なくファイルがバックアップされていました。

Backup完了!の画像
この3つのファイルができていればバックアップはうまくいきました。

まとめ

BackWPupを使えば簡単に自動バックアップができ、パソコンにデータをダウンロードができました。

その昔、無知なのにワードプレスをごちゃごちゃいじって壊れたことがあるので、むやみに素人がいじると、すぐ壊れるのだと痛感しています。今まで書いてきた記事がパーになるのは痛いですよね。。

バックアップを復元する方法は、ブログが壊れた時にでも書いていきたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事