【セールスコピーライティング】読み手に思いやりを伝える効果的な方法|コピーライティング・ハック
コピーちゃん
読み手に心を開いてもらうシンプルな方法をご存知ですか?
セールスコピーライティングでは、読み手が何かを感じ取った瞬間、すかさずその気持ちを代弁してあげることが効果的です。


それは、一言で言うと思いやりです。

気持ちを代弁してあげることで、「この人は正直な人だ」と信頼感を抱いてもらえます。

今回の記事は、読み手に心を開いてもらうには感情を先回りすることが大切ですという内容です。

この記事を最後まで読むと、読み手の気持ちに沿ったコピーが書けるようになるでしょう!

具体的な3つの効果
1.購入率がアップする
2.読み手が安心感を抱いてくれる
3.初歩的な質問が減る
コピーちゃん
それではいってみましょ〜!

【セールスコピーライティング】読み手に思いやりを伝える効果的な方法

セールスコピーライティングは思いやりが命

文章を書くときに一番必要なのはテクニックでもセオリーでもなく思いやりです。

思いやりとは?
思いやりとは、他人の心情や身の上などに心を配ることやその気持ちのことを指します。 その人の身になって考える。推察して気遣いをする。などの意味もあります。

思いやりとは、読み手の気持ちを先回りして書くこと

読み手の気持ちを先回りすることは、セールスコピーライティングで特に大切な取り組みです。

なぜなら、読み手は一方的にメッセージを受け取るしかできないからです。

疑問や反論をその場で伝えられないと読み手はストレスを感じて読むのを辞めてしまうでしょう。

コピーちゃん
読み手の心に購入をさまたげる「心理的な障壁」が生まれます。

臭いものにフタをしてはいけない

読み手が感じている不安やストレスを見て見ぬ振りをしてはいけません。また、隠そうとしてもいずれはバレてしまうものです。

実際に、デメリットを正直に伝えた方が信頼を得られ売り上げが高くなる傾向が見られます。

どんな時に読み手は心理障壁を感じるのか?

それはセールスの時です。

コピーちゃん
例えば、「費用がかかる」とか「面倒な設定が必要」と知ったときに心理障壁を感じます。

お客さんが購入を決めるのは「これは賢い買い物だ!」と確信を持ったときです。

よって、「この提案。お客さん、不満だろうなぁ..」と思う場所は例外なくお客さん不満を感じています。

読み手が「こう感じるだろう」と思われる感情を先回りして書いてあげましょう!

セールスコピーライティングにて、気持ちを先回りする文章の書き方

セールスコピーライティングにて、気持ちを先回りする文章の書き方

それは、読み手が心の中で感じることをそのまま書いてあげるだけです。

コピーちゃん
「高いな!!!と思いましたね!」と言った具合です。

次に、すかさずそれをフォローするメッセージを入れて、実は大したことじゃない。と説明します。

「でも考えてください。日割りで計算するとたった60円ですよ。破格の値段で購入する権利を得たことが、お分りいただけるのではないでしょうか?」

と、フォローメッセージを入れることで、読み手は安心し納得してくれる様になります。

簡単な具体例を3つ挙げます。

先回り例1) 継続がキツイ…

セールスレター
毎日10分運動をするだけで、ダイエットができます。
読み手
その10分がむずいんやろ…エーン
レター(相手の気持ち)
「その10分がむずいんやろ..エーン」って普通は感じると思います。
え!?
レター(フォロー)
私も最初聞いた時、難しいと感じました。でも、この器具を使うと…
読み手
ほー♪

先回り例2) 値段が高い…

セールスレター
商品価格は29800円です!
読み手
高っかー!買えないよ..エーン
読み手の気持ち
「高っかー!買えないよ..エーン」って思いましたか!?
読み手
ヘッ!?
レター(フォロー)
まさにそのリアクションを待っておりました!実は..
読み手
ちょっと聞いてみるか♪

先回り例3) 思ったより難しいな…

セールスレター
1日たった10分だけ!毎日記事を書くだけで1年後には立派なプロに
読み手
それができへんから困ってる..エーン
読み手の気持ち
「それができへんから困ってる..ええ加減にして」ってお思いですか?
読み手
ハッ?
レター(フォロー)
ご安心を!弊社のサービスがこんなに多くの方に支持されている理由は『継続』に徹底フォーカスしたカリキュラム…
読み手
それでそれで♪

と、上記の様にフォローが入ると続きを読みたくなりませんか?

ポイント

ネガティブな提案をする場面では、必ずポジティブなメッセージに転換する習慣をつけましょう!

また、お問い合わせ先を書いておくことも効果的です。

セールスレターちゃん
まるで会話をしてるかの様に書くことがポイントですぅ!

セールスコピーライティングで心理障壁を感じる場所の探す方法

セールスコピーライティングで心理障壁を感じる場所の探す方法

基本的には書いていると自然と見つかると思います。

ですが、意外と自分では気づきにくい心理障壁ポイントがあるのも確かです。

以下に心理障壁を感じる場所の探し方を3つ紹介します。

心理障壁を感じる場所の探し方3つ
  1. レターを人に読んでもらう
  2. 時間をおいて読み返す
  3. お客さんが質問や離脱をしている場所を調べる

順番に説明していきます。

1. レターを人に読んでもらう

知り合いにレターを読んでもらい、買うことを躊躇したポイントを正直に指摘してもらいましょう。

2. 時間をおいて読み返す

時間をおいて読み返すことで、客観的に心理障壁ポイントを探すことができます。

3. お客さんが質問や離脱をしている場所を調べる

実際に多く寄せられる質問や、離脱ポイントを探り修正していきます。

コピーちゃん
刺激が強いメッセージの後にフォローを入れるのはアリです!!
だけど、以外に些細なことで心理抵抗を感じている人が多いですよね
確かに!お客さんはあなたが思う以上に何もできない..と言う前程で書くのが丁度いいです
ポイント

お客さんは、かろうじてスマホで文字入力ができる程度。かんたんで楽を求め、とにかく「100%得したい!」と思っていることを前提にフォローアップすること。

ちなみに、決してお客さんをバカにしているのではありません。つまり、お客さんはベネフィット以外には関心がなく、商品自体への関心度や商品に関する知識レベルはその程度のものであると言うことです。

まとめ:【セールスコピーライティング】読み手に思いやりを伝える効果的な方法

まとめ:【セールスコピーライティング】読み手に思いやりを伝える効果的な方法|コピーライティング・ハック
ここまでをまとめると..
■セールスコピーライティングは思いやりが命

→ 読み手の思っていることを先回りして書くこと

・読み手は一方的にメッセージを読むが、反論や質問ができない

・不満を感じると商品は買われない


■気持ちを先回りする文章の書き方

→ 読み手が心の中で感じることをそのまま書いてあげるだけ

例)
「高いな!!!と思いましたね!」と言った具合


【ポイント】

・ネガティブな提案の後は、必ずポジティブなメッセージを!
・お問い合わせ先を書いておくことも効果的


■心理障壁を感じる場所の探し方3つ

1.レターを人に読んでもらう
2.時間をおいて読み返す
3.お客さんが質問や離脱をしている場所を調べる

→ 自分が思っている以上に、お客さんの心理障壁は高い。お客さんは、かろうじてスマホで文字入力ができる程度という心構えが大切。

今回は、気持ちを先回りしてコピーを書くコツについて紹介しました。

ぜひ、参考にしてください。

セールスレターちゃん
最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事も見てね♪

Twitterでフォローよろしくおねがいします!

おすすめの記事