だるさの原因は気温!エアコンの●●でだるさを解消する方法
「布団から出られない」「眠い」「集中できない..」なーんて悩みを10分で解決できるかもしれません。

だるさを解消する為に既に色々試してはきたけれど、やっぱりだるい..やりたいことが全く進まない時ってありませんか?

まさにコレはぼくのことなのです。

やりたいことはいっぱい..でもからだが全くついていかない…

そんな準野心家なあなたに朗報です。

この記事を読むことで、薬も努力も不要でからだだるさを取り、やる気が起きる方法を知ることができます。

ぜひ最後まで読んで、今すぐ試して見てもらいたいのです。

超カンタン!エアコンをつけて空調を整えるだけ

単純なことでした。

自分の活動に適した温度にエアコンで温度調整するだけです。

たったのコレだけでやる気は驚くほど爆上がりします。

想像して見てください。

気だるい真夏の日

気だるい真夏の日

気だるい真夏の日
ジリジリと焼けたアスファルト。ダラダラと汗を流してスーツ&革靴であなたは歩いています。

ふとカフェを見つけて入って、涼しい室内とアイスコーヒーを飲んだとき..

一瞬で生き返った心地になりませんか?

クマが冬を感じ冬眠を始めるのも、春の暖かさで桜が花を咲かせるのも、、

からだは気温を肌で感じ、生きる為に適した行動をとるのです。

もし、、

あなたが頻繁にからだのだるさを感じるのなら、病気でも根性なしでもなく気温に問題があるかもしれません!

さぁ今からエアコンをつけてみましょう。

約10分程度でビックリするほどやる気とエネルギーが満ちてきます。

あなたに快適な温度は何度?

あなたに快適な温度は何度?

人によって適した温度が違います。

もっと言うと、男性と女性では快適な温度が異なると言われています。

環境省によると、女性の快適な温度は25度。男性の快適な温度は22度とのこと。

ぼくも22度前後が一番快適です。

(どおりで!!ぼくがオフィスの温度を設定したら、女の子がブルブルするのかがよくわかった。)

だったらずっと22度なら良いのかというと、そうでもないのです。

自分にとって適温はやや寒い

だるさが取れる気温は、やってみればわかりますが“ちょっと寒い”のです。

なので、常にこの温度にしておけば良いのかというと違うのです。

だるさが無くなった後は、自分もしくは誰かが必ず寒がりはじめます。

対策方法

こまめにエアコンを切ったり空気を入れ替えましょう。

やる気と体調をコントロールしてあげることが必須と言えますね!

まとめ:だるさの原因は気温!エアコンの●●でだるさを解消する方法

まとめ:だるさの原因は気温!エアコンの●●でだるさを解消する方法
・からだのだるさは気温のせいかもしれない
・エアコンで適温に調節することでだるさが取れる
・女性の快適な温度は25度。男性の快適な温度は22度。
・自分にとって適温はやや寒いのでこまめに、空気の入れ替えが必須

つい自分に問題があるんじゃないかと思って見落としがちな、からだのだるさを解消する方法をご紹介しました。

空調を自分の快適な温度に調整すると、だるさがとれるだけでなく幸福感なども生まれるように感じます。

ですが短期的な適温は長期的にも適温とは限らないのです。

エアコンをつけたまま寝ると体がだるくなるのもこの様な理由が原因と考えられます。

やる気スイッチはエアコンに有り!

この記事を気に入ってくれた人は、ぜひシェアしてあげてください。

↓努力不要で強制的に行動を起こすための方法も書いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事