やる気ゼロから2Stepで生還する方法

ありとあらゆる「やる気を出す方法」が効かない人へ

この記事は、ヘタレで怠け者とバカにされた友人があみ出した、半強制的にやる気を出し、行動を起こせる方法を教えます。

しかも、

ダメ人間ほど効果抜群です。

喜ばしいことに、不安や恐怖の影響を受けやすい人ほど行動に移せる方法なのです。

この方法は、知るだけで大丈夫。

あなたは全く変わる必要がありませんのでご安心ください。

またこの記事を読むみ終えると、
多くの人が知らない「やる気の正体」が分かります。

「やる気の正体」を知らなければ根本的な解決は難しいです。

原因を理解し、後ほどお伝えするたった2つのステップを踏むだけで、半強制的に行動を起こし、集中力を高めることができてしまいます。

▼この記事は特にこんな方へオススメです。

本当はやりたいことがあるのにやる気が出ない。何もしたくない。

せっかくの休日に部屋でYouTubeを見ながらゴロゴロとだらしない生活を送っているのは、ぼくだけじゃないはず。

実は本当に、ほとんどの人がぼーっとした毎日を過ごしているようです。

でもこんなんじゃ、
憧れている夢の実現収入アップは難しいですよね?

今回は、無気力だったぼくの友人が一念発起し、音楽製作に打ち込みアルバムをリリースした時の行動術、題して【もったいない行動術】

ぼくも活用していますがかなり効果的です。

それではまず最初にやる気が出るメカニズムからご説明します。

やる気のメカニズム

やる気のメカニズム
やる気の現実

人はやる気が高まった後で、行動を起こしたいと思います。

ですが残念ながら、やる気は行動を起こした後で徐々に高まることがわかっています。

そんなこと言われたって。。。行動できない困ってるんですけど!?

そんな時こそ、もったいない心理を応用した「もったいない行動術」をぼくはおすすめします。

もったいない行動術とは?

「もったいない、、やらないとな…」という、もったいない心理を活用して無理矢理 行動を起こさせる方法です。

豆知識:損失回避性
人間は、利益から受ける満足感より、損失に対して受ける苦痛の方が強いと言われています。

この心理を応用し、楽をしてしまう以上の不安やストレスを意図的に起こして行動せざるおえない状況を作ります。

ではその方法をご説明します。

もったいない行動術の実践方法

もったいない行動術の実践方法

とても簡単です。

例えば、あなたが学校から帰宅し、自分の部屋でプログラミングを練習したいとします。

家に帰った瞬間に、プログラミングに必要な電源を全部つけて、いつでもスタートできる状態にしておくだけです。

例)部屋でプログラミングの練習したい場合

ステップ①:家に帰ったらスグに部屋に向かいます。
ステップ②:部屋の電気をつける・机の電気をつける・パソコンを起動する・使用ソフトの立ち上げる・エアコンを稼働させる・音楽を流しておく

以上です。

まだご飯を食べたり、お風呂に入ったりでプログラミングをやらないにしてもスタンバイしておきます。

結構もったいないでしょ?

もったいない行動術の2Step

Stepたった2つだけ。

その①:家に帰った瞬間にスタンバイ
その②:なるべく“かなりもったいない”状況を作る

その①:家に帰った瞬間にスタンバイ

やる気が落ちるのは、家に帰った後、ご飯を食べたり、リラックスした時です。
それまでに作業に取りかかるためのスタンバイをすませておくことがかなり重要です。

その②:なるべく“かなりもったいない”状況を作る

もったいないと感じられなければ効果が薄いです。

もったいなさが足りなければ、アロマオイルを炊いたり色々工夫をしてみましょう。

“かなりもったいない”と思える最大値を狙いましょう(笑)

※ただし、作業に必要な範囲内で

もったいない行動術の効果

もったいない行動術の主な効果は2つです。

その①:部屋に着いたら即とりかかることができる。
その②:もったいないのでつい勉強に気が向いてしまいます。

とにかく

“ 作業に入るまでが特に面倒 ”

もったいない行動術を使うと、即作業が開始でき、最短で集中状態に持っていく事ができます。

ですが、こんな疑問を抱く人がいるかもしれません。

家にずーといるよ。外出していない人はどうすればいいの?

例外:外出していない人はどうすればいいの?

このもったいない行動術は、外出先から自宅へ帰った時のことを想定して書かれています。

では、外出していなければもったいない行動術は使えないのか?そんなことはありません。

オススメは自動販売機などへコーヒーなどを買いに外出してみることです。
外気にふれて温度を変えると、シンプルに気分転換になります。遠出しなくても近くの自動販売機などに行くだけでも、帰宅時の感覚を出すことが可能です。

もしくは、ぼくが以前に書いた集中法を試してみるのが良いと思います。

この記事が参考になるかもしれません。

まとめ:やる気ゼロから2Stepで生還する方法

まとめ:【ダメな人ほど効果抜群】イヤでも動ける行動術をダメ人間が教えます。
  • 作業をしないと集中力は生まれない

  • 作業に入るまでが面倒

  • STEP1:家に帰った瞬間に作業ができる状態をあらかじめ作る

  • STEP2:電気代などがもったいない状況を作る
  • 以上がもったいない行動術です。

    これを実践していたぼくの友達は、本当にだらしない人間でした。

    しかし彼は、家に帰った瞬間はまだ自分が元気だと言う自覚がありました。

    この方法で彼は毎日音楽を作る習慣を手に入れました。

    〜今スグ実践してみてください〜

    もしあなたが今ちょうど外出中なら、家に帰った瞬間「もったいない行動術」を実践してみてください。

    かなり強力ですよ!

    よければぜひシェアしてください。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事