【GDTの法則】人を動かす文章の作り方
コピーちゃん
突然ですが、人の欲望は9つある事をご存知でしたか?

数あるコピーライティングの法則の中で、ぜひ活用したいのがGDTの法則!

GDTの法則は、感情を動かす強力なコピーを考える時に威力を発揮します。

正式名称が3×3ヘッドラインルールというだけあって、セールスレターのヘッドライン(やタイトル)を決めるときに有効です!

この記事では、例をあげながら解説します。

この記事を読み終えると、使った自分も思わず感激する読者を引き込む魅力的なコピーが書けるようになります。

GDTの法則を活用すると…
・魅力的なセールスレターのヘッドライン(やタイトル)が書ける

・ブログのタイトルを決めるときに役に立ちます。

・レターの文中に散りばめる事で反応率がグンとアップする

GDTの法則(3×3ヘッドラインルール)とは?

【GDTの法則】人を動かす文章の作り方

GDTの法則は、感情を揺さぶるコピーを書くための方程式。

「人は感情で買って、論理で正当化する」と言われるだけあり、感情に訴えかけなければ商品は買ってもらえません。

これを解決するのがGDTの法則!という訳なのです。

コピーちゃん
(GDTフォーミュラ、3×3ヘッドラインルールとも言われます。)

てか、“GDT”ってなに?

GDTとは、以下の3つの頭文字の事を指します。
また、それぞれに3つの要素が含まれています。

  • Goals 「目標」 x 3
  • Desires「願望」 x 3
  • Teasers「焦らし」 x 3

よって、

「 3 x 3 」の合計9個の要素で構成されています。

この9個の要素を多く含むコピーがかけると、反応率の高い「強力なセールスレター」を作ることができてしまいます。

3×3ヘッドラインルールの豆知識
3×3ヘッドラインルールは、世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライターのマイケル・フォーティン氏によって考案されました。

彼は3×3ヘッドラインルールの他、QUESTフォーミュラOATHフォーミュラFABフォーミュラなどのコピーライティングにおける公式を最初に考案した人あり、プロのドラマーとしても活躍しています。

日本では3×3ヘッドラインルールをGDTの法則として広く知られている。


GDTの法則について、それぞれを順番に解説していきます。

Goals「目標」・・・人が最も追い求める3つのゴール

人が追い求める3つの欲求は下のようなものです。

  • 時間をかけたくない(Time)
  • 努力したくない、楽をしたい(Effort)
  • お金を払いたくない、お金欲しい(Money)


全て刺激する要素をコピーへ盛り込むと…

「1クリックするだけでお金を得る事ができます」
「1日1回●●という体のツボを押すだけで3日後に1kg痩せる事ができます」
「かんたん登録完了で、会計から3000円分を割引!」

といった具合になります。

なまけたい欲求を叶えてあげると読み手は興味を示してくれるのです。

感情を動かす度合い:弱

人が最も追い求める3つのゴール(Goals)を文章に組み込むと、「なまけたい」という欲求を刺激する事ができます。

コピーちゃん
ぼくもなまけて生きたいです..

Desires「欲望」・・・人が最も欲しがる3つの欲望

  • 性欲を満たしたい、美しくなりたい、モテたい(Lust)
  • 成功・富・名声が欲しい(Greed)
  • 快適な生活したい、苦痛から逃れたい、自由が欲しい(Comfort)


全て刺激する要素をコピーへ盛り込むと…

「美しくなると玉の輿にのれるチャンスが増えます。尊敬する人から愛のプロポーズを受け、タワーマンションの最上階で優雅に暮らせます。お金がなくてツラかった生活が急変します。」

「お金を手に入れると、美人を連れてベントレーなどの高級車を自由に乗り回せます。毎日満員電車に揺られ、バカな上司の奴隷として生きる必要がありません。」

といった具合になります。

成功したい欲求を叶えてあげると読み手は興味を示してくれるのです。

感情を動かす度合い:中

人は本来なまけたい生き物…だけど、
この3つの欲望を満たしてくれるなら話は別!!!

「(多少は)頑張りたいし、お金を払っても良い」と感じるのです。

コピーちゃん
確かになまけてたいけど、ドス黒い欲望を満たせるなら頑張れるかも(笑)
人は不合理なメッセージで動く
人は当たり前のことを言われるより、道理に反したメッセージに反応します。

「健康で長生きできますよ」と言われるよりも「ロレックスやパテックフィリップを毎月買えますよ」と言われた方がドキドキするのです。

Teasers「焦らし」・・・人が最も行動に駆り立てられる3つの焦らし

  • 人は希少性のあるものに飛びつく(Scarcity)
  • 人は好奇心をかき立てるものに飛びつく(Curiosity)
  • 人は自分の常識をくつがえす発言に飛びつく(Controversy)


全て刺激する要素をコピーへ盛り込むと…

「お金を手に入れたいなら、持っている人から合法的に搾取すれば良いのです」

または、

【先着1名】2年間予約が埋まっている『幻のコピーライティング海外セミナー』に1名欠員が出ました。

今回も詳細は明かされません。
ですが、集まった参加者も各界トップのもの凄い顔ぶれ!どんな化学反応が起こるかわかりません。

セミナー開催日の●日〜●日に時間を開けれる【先着1名】にご招待します。恐らく30分を待たずに枠は埋まってしまいます。

“本能”だけを信じて今すぐご予約ください
コピーちゃん
人は焦らされると本能レベルで反応しちゃう
そして、頭の中でいっぱいになっている事を解決したいという気が気でない気持ちになってしまいます。

感情を動かす度合い:強

人はジラされた時、いても立ってもいられない気持ちになります。そして自分の常識を覆された時、本能レベルで大きな興味を示します。

Teasersの3つを混ぜたコピーを書く事で、見込み客を動かざるを得ない心理状況にすることができるのです。

GDTの法則(3つの心理段階)

GDTの法則(3つの心理段階)

前項で書きましたが、人が欲望を揺さぶられる影響度には順番があります。

重要な項目なので抜き出してまとめました。

GDTの法則(3つの心理段階)

Goals 「目標」 ・・・弱

人が最も追い求める3つのゴールを文章に組み込むと、「なまけたい」という欲求を刺激する事ができる。

→ 「自分に合っているかも知れない」と感じる

Desires「欲望」 ・・・中

人は本来、なまけたい生き物です。
ですが人が最も欲しがる3つの欲望を満たしてくれるのなら話は別!

→ 「(多少は)頑張りたいし、お金を払っても良い」と感じる。

Teasers「焦らし」 ・・・強

最も行動に駆り立てられる3つの焦らしを与えると、人はいても立ってもいられない気持ちになる。そして、自分の常識を覆された時、本能レベルで大きな興味を示す。

→ 見込み客が行動せざるを得ない心理状況になる。

GDTの法則(3つの心理段階)のポイント

まずは参入している市場やハウスリストの中で、最も反応が取れた「トリガー単語」や「ベネフィット」を理解する事が大切です。

その上で、GDTの法則に当てはめて刺さるメッセージを考えていく事がおすすめです。

まとめ:【GDTの法則】人を動かす文章の作り方

まとめ:【GDTの法則】人を動かす文章の作り方
・GDTの法則は、読み手の感情を動かし“より大きい反応を得る”為に活用します。

・GDTの法則(GDTフォーミュラ/3×3ヘッドラインルール)は合計9つで構成されています。

・要素を組み合わせてコピーを作る事で文章はより強力になる

・感情を動かす度合いはG→D→Tの順に強くなる

・感情を強く動かしたいときは、Teasers「焦らし」を活用する

・強いキャッチコピーやヘッドコピーを考える時に活用してみよう

以上がGDTの法則のまとめです。

ただし、これはあくまでもテクニック…
愛を持って接する事が何よりも大切だと思います。

この記事が気に入った方は、ツイートしてお気に入りに入れておいてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事