【OATHフォーミュラ】確実に刺さるメッセージを届ける法則
コピーちゃん
人の心に何か残したいなら..「 心臓のドマンナカ 」を射抜くインパクトが必要だよね


コピーライティングで最も重要なポイント..
それは“One Message”であること。

とにかくメッセージを1つに絞ることが重要です。

では、なにを伝えればいいのでしょうか?

コピーちゃん
んなこと言われてもよくわかりましぇーん

分かりました。

とりあえず、OATHフォーミュラを理解すれば、相手に「ズキュン!」と刺さるメッセージが誰でも作れます!という事をあらかじめお伝えしておきます。

ご興味がある方は、少しづつ読み進めてください。

【OATHフォーミュラ】確実に刺さるメッセージを届ける法則
OATHフォーミュラ(OATHの法則:オースの法則)

実は..

OATHフォーミュラを理解すると、コピーライティングにとどまらず日常会話・恋の告白・ナンパ..全てにおいて絶大な効果を発揮してくれます!!

なぜなのか?

第一に、OATHフォーミュラを使うと人の悩みの深刻度が分かります。

第二に、悩みの深刻度が分かったら、何をどう伝えればいいのかがわかります。

コピーちゃん
つまり、相手の気分にピッタリのメッセージを伝えられる!という事です。
覚えておいて損はありません!


グサリと刺さるメッセージを届けたい人は、OATHフォーミュラの基本概念を今すぐマスターしよう。

めっちゃ簡単なのでご安心を..

OATHフォーミュラ(オースの法則)とは

OATHフォーミュラとは、あなたの商品に対する意識のレベルを4段階で表現したものです。

Oblivious(無知の人)
Apathetic(無関心の人)
Thinking(考えている人)
Hurting(困っている人)

下の画像は太った女性をモデルに、OATHフォーミュラに沿った意識の流れを表しています。

OATHフォーミュラ(オースの法則)とは

上の図を順番に説明します!

  • 無知の人は、太っていますがダイエットの「ダ」の字も意識した事がありません。
  • 無関心の人は、ダイエットは良いことかもしれないけど、自分には関係ない事だと思っています。
  • 考えている人は、「ヤバいかもしれない。」と問題認識している状態です。
  • 困っている人は、今すぐ解決したいと困りきっている人です。

人が商品を買うのは、困っている段階の時なのです。

「ちょっとよくわからない..」という方は、以下の記事を見てください。

もしもあなたが「無知の人」に商品を売る場合..

問題に気づかせ→教育→欲望を引き出し→行動させるステップが必要不可欠です。

よって、段階が「無知の人」ほど手間暇がかかりコピーは長くなります。

逆に「困っている人」に近づくほどセールスしやすくコピーは短くても売れるようになるのです。

OATHフォーミュラの豆知識
QUESTフォーミュラは、世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライターのマイケル・フォーティン氏によって考案されました。

彼はOATHフォーミュラの他、QUESTフォーミュラ3×3ヘッドラインルールFABフォーミュラなどのコピーライティングにおける公式を最初に考案した人あり、プロのドラマーとしても活躍しています。
OATHフォーミュラを段階順に解説していきます。

では、OATHフォーミュラを段階順に解説していきます。

Oblivious(無知の人)

無知の人は、自分が抱える問題に気がついていない人です。

興味がない人を振り向かせるのはかなり困難な事です。

この段階の人に商品を売る場合、問題を自覚させる事がスタートになります。

Apathetic(無関心の人)

無関心の人は、問題は気がついているけど“自分ごとじゃない”と思っている人です。

「あー、運動ね〜。大事だよね〜、知らんけど」といった<知らんけど状態>の人がApatheticです。

この段階の人に商品を売る場合、不安を煽って関心を持ってもらう事がスタートです。

コピーちゃん
言葉の最後に「知らんけど」をつけると大体当てはまります

Thinking(考えている人)

考えている人は、問題を認識し解決したいと思っています。

どんな商品を買えばいいのか、買わなくても解決できるのかも含めて自分なりに調べている段階です。

売り込み(セールス)は、考えている人をターゲットに行います。

Hurting(困っている人)

困っている人は、今すぐに問題を解決したい人です。

この段階の人へのセールスが最も簡単です。ただし、すでに色々な解決策を試して失敗し疲弊している可能性もあります。

あなたの商品が他とは異なり優れている理由を示す事が有効です。

OATHフォーミュラの段階別アプローチ方法

確実に刺さるメッセージを届けるには、大嘘をつくか伝えたいメッセージを絞り込むかのどちらかです。

誠実に相手の心に響くメッセージを伝えるには、まずメインターゲットを絞り込む事が必須です。

痩せメタボの私を例に、メインターゲットを絞り込む段階別アプローチのコツをまとめました。

無知の人へのアプローチ

イメージがしやすい身近なことと関連付けて不安を煽ります。

「知っていましたか?痩せている人ほど脳卒中のリスクがある事実」

無関心の人へのアプローチ

問題を放置するデメリットを訴えて、簡便性の高い解決策を示す。

「メタボの私が、どうやって1ヶ月後にモデル体型になれたのか?」

考えている人へのアプローチ

自社商品と競合の違いをアピールして商品を紹介。

「今の食生活を変えずにできる!1日5分の呼吸法ダイエット」

困っている人へのアプローチ

期間限定・返金保証・無料体験などを付けて安心してもらい、今すぐ購入すべき理由を伝える。

「呼吸を整えるだけで痩せられるダイエット術、今なら無料体験実施中!」

アプローチのポイント

最も大切な事は、お客さんが今どの段階なのかを把握している事です。

悩み事は人によって大きく異なるので、お客さんの状況をできる限り知る努力をしましょう。

コピーちゃん
OATHフォーミュラを理解すると、あなたのコピーの威力が明らかに強くなります

まとめ:【OATHフォーミュラ】確実に刺さるメッセージを届ける法則

まとめ:【OATHフォーミュラ】確実に刺さるメッセージを届ける法則

OATHフォーミュラとは、あなたの商品に対する意識の レベルを4段階で表現したものです。

Oblivious(無知の人)
Apathetic(無関心の人)
Thinking(考えている人)
Hurting(困っている人)

セールスコピーを書く場合、どの段階をターゲットにするのかを決めて書く事が大切です。

今にも解決したい人に「知っていましたか?痩せている人ほど脳卒中のリスクがあります」と言ったところで、「そんなんとっくに分かってるからはよ!」とイライラされる事は目に浮かぶと思います。

ターゲットを絞った後も導線をブラしてはいけません。

絞り込んだターゲット“だけ”をメロメロにする事に徹しましょう!

ターゲットを決める事でメッセージが強くなり、成約率が高くなるのです。

成功の法則
ソフトバンクの孫正義氏が決断についてこんな言葉を残しています。

“決断とは決めて経つ事だ。一つの選択肢を決めて、他を経つ。
決断力がある人間は成功できる。”

OATHフォーミュラを活用して、相手により刺さるメッセージを届けましょ〜!

コピーちゃん
よろしければツイッターでフォローお願いいたします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事