コピーライティングに興味がない人は絶対に見ないで下さい
コピーライターちゃん
かなり強力な反応率を出す方法…

「もっとインパクトのある見出しを作りたい!」と感じていませんか?

文章をちょっと工夫するだけで、反応率をぐっと高める方法があります。

実際に例を挙げますが、あなたも必ず〝イヤでも〟反応してまうほど強力です。

もしあなたが見込み客を確実に誘導するなら、これだけは抑えておきたい!

さいごまで読み終えると、客の頭の中にイメージを強引に焼きつけたり、思いのままに誘導させる事が得意になります。

コピーライターちゃん
主にヘッドラインやタイトルに活用できるんだって!

それではいってみましょー!

コピーライティングは否定命令をマスターせよ!

コピーライティングは否定命令をマスターせよ!


面白いことに、脳は否定形をまったく理解できないらしい…

例えば想像してみて下さい。

否定命令の例文)
「黄色いバナナを絶対に想像しないで下さい」

あなたは黄色いバナナを想像したのではないでしょうか?

否定文を使われると、脳はより強くイメージしてしまうらしいのです。

ちなみに…

あなたは“ この記事のタイトル ”を覚えていますか?

「コピーライティングに興味がない人は絶対に見ないで下さい」

こういった否定文を使う事で、

「コピーライティングに興味がない人は絶対に見なさい!」

と言ったメッセージを、見込み客に柔らかく伝えられます。

要するに、セールスにおいてご法度な「お願い営業」をお願いせずとも可能にする方法とも言えます。

ポイント
「否定表現」は「肯定表現」よりも注目注意を与える時に向いています。
コピーちゃん
次に事例を見てみましょう

コピーライティングでの「否定命令」の事例

コピーライティングでの「否定命令」の事例


コピーライティングでは、「否定命令」は大活躍しています。

特にヘッドラインでよく使われており、記録的なヒットを生み出すチラシやセールスレターによく組み込まれています。

否定命令の事例
「家はまだ建てるな!」 – 平秀信

「押すなよ」 – ダチョウ倶楽部

「5分だけ時間をください。【まえがき】だけ読んでみてください。心に響かなかった方は買わないでください!」
– 神田昌典

「煮干しが嫌いな方、ご遠慮ください」 – ラーメン凪

「成功したくない人以外、絶対に読まないでください。」

「やる気のある人以外、登録しないでください」

「トップセールスマンになりたい人以外、セミナーに申し込まないでください」

「熟睡したくない人は見ないでください!」

「2ヶ月以内に痩せたくない人は見ないで下さい」

「彼氏がいらない人は見ないでください – 男の本音を知る禁断の方法」

「予備校に行っている人は読まないで下さい」

「今ハッピーな人は見ないでください」

「こんな人は●●に入らないでください」

「数に限りがありますが、今すぐ注文しないでください」


お願いしたい事を禁止するだけ。

けっこう簡単でしょ!?


それだけで、「ついやりたくなる」と言った心理状態にしたり「つい思い描いちゃった」という脳の操作が可能になるのです。

また、「 中途半端な客を除外する 」と言った効果もあります。

まとめ:コピーライティングに興味がない人は絶対に見ないで下さい

まとめ:コピーライティングに興味がない人は絶対に見ないで下さい
・脳は否定形を理解できない

・否定文を使う事でお願いを柔らかく伝える

・セールスにおいてご法度な「お願い営業」をお願いせずとも可能にする方法

・「否定表現」は「肯定表現」よりも注目や注意を与える時に向いている

・方法は、お願いしたい事を禁止するだけ

・見込み客以外を除外する効果もあり


簡単ですが、コピーライティングで今も昔もよく使われるテクニックです。

例文を参考に、自分の商品に置き換えてぜひ活用ください!

コピーちゃん
関連記事もぜひご覧ください。
セールスレターちゃん
今日も最後までご覧いただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事